最近の葬式の服装について

お葬式における服装について、以前は遺族や親族などの喪家側は正式礼装で臨むのが基本でしたが、最近は少し事情が変わってきており、男性であれば略礼装のブラックスーツを着用して臨む人がほとんどです。女性も正式礼装ではなく、黒の洋装で臨む方が多くなりましたが、上着は長袖、スカートの丈は長めにするのが望ましいです。

アクセサリーについては、男性は黒のネクタイ、派手な腕時計やカフスボタン、ネクタイピンなどは控え、女性も結婚指輪以外のアクセサリーを控えるほうが良いでしょう。お化粧はシンプルを心掛け、マニキュアはしないほうが良いでしょう。バックは黒になります。

参列者の場合、以前は通夜では礼装をあまり着ませんでしたが、最近は告別式の代わりに通夜に顔を出す方も多く、そのため通夜でも略礼装を着る人が増えています。仕事帰りにそのまま参列されるような場合は、ダークのスーツを着て出勤し、ネクタイだけを後から黒に変えると都合が良いでしょう。