葬儀費用は事前検討を

葬儀をおこなうのは、いつになるかわかりませんから、葬儀を事前予約する必要はありません。むしろしないほうがずっとメリットがあります。十年後か、二十年後かあるいはそれ以降に、葬儀の形態や費用がどう変わっているか誰にも予測はつかないからです。二十年前に、家族葬がこれほど増えることになると誰が予測できたでしょうか。葬儀は、おこなうに当たって依頼するのが最も理にかなっています。ただ、常に葬儀費用や葬式事情はつかんでおいたほうがいいでしょう。皆目見当がつかない状態でいると、いざというとき、業者の言うがままになり、不透明な高い費用を請求されることになりがちだからです。流れのまま、誘導されるがままにならず、依頼先を自分の意志で選んで決めようと考えつく程度の知識は得ておくことが望まれます。喪主に選択の余地があることを、知らないでいるケースも決して珍しくはありません。できれば、費用の目安もつかんでおくことです。