葬式費用が高いのはどこの都道府県?

2014年の日本消費者協会による全国の葬儀費用の平均は、156.1万円です。
このうち、最も葬式にお金をかけているのは関東の茨城・栃木・群馬・千葉県で、200.5万円です。
最も低いのは中国地方の92.6万円となっています。
ただし、これはあくまで平均の費用として捉えておく必要があります。最近では葬儀のプランは多様化しているので、家族葬など小規模な葬式であれば50万円程度で済ませられることもあります。
逆に、大規模な葬儀の場合には平均よりもはるかに高いお金が必要になることもあります。
だいたいの金額を知っておくことで、葬儀業者からの不当な価格でのサービスを避けることができます。業者によってはプランに含まれていない物品やサービスを後でどんどん追加して高額な費用を請求してくることもあります。だいだいの費用を知っておけば、こういった金銭的なトラブルに巻き込まれにくくなります。
関東地方はやや高めの平均額、ということを知っておくといいでしょう。