葬儀で斎場以外に支払う費用

斎場で葬儀を行う場合、葬儀に掛かる費用には斎場の利用料以外に、寺院へのお布施や戒名料が必要となります。
業者へ葬儀を依頼すると打ち合わせの場が設けられ、その際に僧侶の手配についても話し合われます。最終的な会計については一緒に行われるケースもありますが、斎場の料金に含まれるとしても読経料など葬儀に掛かった費用や仲介したものだけで、僧侶へのお布施は含まれないのが一般的です。お布施は僧侶への謝礼の意味で払うものであり、金額を決めるのが難しいという理由もあります。
お布施の相場は地域によっても異なりますが、通夜から葬儀終了までと仮定すると、総額10万円から30万円程度となっています。お布施はその都度渡すことになっているため、葬式とは別に初七日法要を実施する場合は、若干高くなります。このほか、戒名料も寺院への支払いとなります。戒名は位牌に刻まれる故人の仏名のことで、料金は文字数によって変化し、数万円から数百万となっています。