生活保護受給者でも葬式をあげられる?

誤解している人がいますが、生活保護を受けている人でも葬式をあげられます。葬祭扶助制度というものがあるからです。ただし、お葬式をあげた後になって、葬祭扶助制度を利用したいと申請をしても、認められませんので注意をしておきましょう。葬祭扶助制度を利用するためには、前もって申請をしておくことが必要になります。

一般的なお葬式では、通夜、葬儀本体、告別式、火葬が行われますが、これらすべてを行おうとすると、120万円~200万円程度の費用がかかってしまいます。さすがに、国の税金から200万円も支給はされませんので、大規模な葬儀をあげてしまってはいけません。

生活保護受給者は、20万円以内の「小さなお葬式」をあげなければなりません。支給されるお金は、大人なら20万円、子供なら16万円くらいが限界になります。あらかじめ申請をしておくことが絶対に必要なので、気をつけておきましょう。「小さなお葬式」に限られるので、対応できる業者も限られてきます。まずは相談をしてみましょう。