参入企業の葬儀業者の信頼性

葬儀業界は、年間の死亡者数が20年程度で130万人から165万人程度まで増加するとして非常に有望な市場に思えますが、現在では平均費用が120万円台にまで下落し更ならなる急激な下落が予想される市場です。しかし、他の業種の参入しており、激しい過当競争が開始されるとされています。特に現在の葬儀は、家族葬や直葬など非常に規模が縮小しているので参列者や弔問客が限られ、経験値が低くても式自体を取り仕切るのに問題が無く新規参入企業にとっても非常に良いタイミングと言えます。参入企業は、大手物流企業や大手鉄道会社などなので信頼性が非常に高く、費用自体が相場よりも安くても品質は確保されているので、安心して依頼する事が出来ます。又、参入企業は全国にネットワークを持っているので、何処でも一律料金とわかりやすいのも便利です。参入企業は、早晩のうちに葬儀業者としての評価が下されるので、選択業者の1つとして知っておくのも得策です。