葬儀をどこで行うかを決める

葬儀をどこで行うかを選択するときは、依頼する会社を選ぶときにも形やスタイルにも影響します。
主に公営の区民や市民斎場、公営の火葬場併設斎場、民営の葬儀会館や寺院斎場、民営の火葬場併設斎場や菩提寺の本道や壇信徒会館、会社のセレモニーホールに自宅、集会所や貸しホールなどがあります。

公営の斎場や公営と民営の火葬場併設斎場だと時期によってかなり混んでいることもあり、数日ほど待たされることもあります。
菩提寺の本堂だとお寺のほうから葬儀社を指定されることもあるので、先に確認したほうが良いです。

会社のセレモニーホールなどはその会社に依頼することになるので、選ぶときや費用面が限定されます。
公営や民営を問わないでどこの会社でも葬儀が行なえる斎場で、自宅から出来れば近い場所や交通の便の良い場所のほうがおすすめです。

これは依頼する会社を選ぶときや内容にも選ぶ幅が広がるので納得がいく葬儀が出来る可能性が高くなります。